キャロウェイMAVRIK(マーベリック)ドライバー ~新たに9本がUSGA適合リストに掲載された理由~

一体なぜ、新たに9本のキャロウェイMAVRIK(マーベリック)ドライバーがUSGA適合リストに掲載されたのか。

今回の情報はR&Aの適合リストからである。原則ここに掲載されたクラブでなければ試合で使う事はできない。

現在USGAのリストにマーベリックが14本もあるというおかしな状況だが、キャロウェイのシニアバイスプレジデント兼OGIOのGMを務めるショーン・トゥーロン氏は言う。

「AIは、純粋な意味でカスタムメイドのドライバーを我々にもたらしてくれた」と。

AIの助けを借りれば一個人に対しよりカスタムに近いデザインが可能になるということなのだ。

過剰にも思えるツアー仕様のラインナップは、それぞれ1人か2人のプレーヤーに向けて作られたものなのかもしれない。どのモデルをどのプロが使うのか、推測したくなる。

プロ一人一人に専用モデルを作るキャロウェイ、専用モデルを作らないと言われているタイトリスト。

キャロウェイドライバーのカスタマイズは、ヘッドとシャフトの組み合わせだけでなく、各ゴルファーに合うフェースとのコンビネーションまでもが選べるようになる日が来るかもしれない。

それでは、今回追加された9モデルをご覧いただこう。

ぱっと見、ほとんど同じように見えても、各ヘッドには明らかな違いがある。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【今回もスーパーコンピュータやAI絡みなのか。
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。