世界No.1ボールであるタイトリスト 「PRO V1」を調査 ~1ダースいくらが妥当か?~

果たして、タイトリスト「Pro V1」の優良のボールは、1ダースいくらが妥当なのか?『真の価格』を公表。

前回、『2020年キャロウェイ「CHROME SOFT(クロムソフト)」の調査』を公表したが、続いてお伝えするのは、“世界No.1ボール”で知られるタイトリスト「Pro V1」だ。

タイトリスト「Pro V1」は、間違いなく誰もが知るゴルフボールブランドであり、非常に人気がある。

「Pro V1」は、タイトリストのツアーボールカテゴリーの中核を担う。キャストウレタンカバー、3ピース構造、352のディンプル設計、これらが「Pro V1」の主な特徴だ。

「Pro V1」は、フルショットで中打ち出し、中スピンのツアーボールに分類される。「Left Dash Pro V1x」を除いて、同社のTourモデルの性能は互いに似ている。

その中でも、「AVX」の特性は低打ち出しと低スピンだが、「Pro V1x」は高打ち出し・高スピンに分類される。標準の「Pro V1」はその中央に位置する。

今回のボール調査の内容は、コンプレッション、球のゆがみ、サイズのバラツキ、重量、不良ボールの有無など、他のゴルフボールとの比較を行い、最後に、ボールの『真の価格』を公表している。

高品質で優れたゴルフボールブランドであるという世間の期待に、果たしてタイトリスト「Pro V1」は見事に応えることができるだろうか?

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【タイトリスト「Pro V1」の調査結果と真の価格
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。