ミズノのST200ドライバーの3モデルがUSGA適合リストに掲載

ミズノが、ST200シリーズドライバーでST190シリーズからの勢いにさらに弾みをつけようとしている。

この季節になると、新製品の情報が少しずつ明らかになってくる。

シリーズ物は、どのような改良してくるのか?新規ブランドは、どのようなコンセプトでゴルフ市場に投入されてくるのか?企業戦略が注目される。

ミズノもまた、2019年に1つの転換期を迎えた。

ミズノファンが新作を待ち望んでいることは間違いないが、ミズノが2020年の市場に波乱を起こすようには思えない。

しかし、ミズノのウッドにとって2019年は、相対的に見てここ19年ぶりに初となるミズノのPGAツアー制覇となった「ホンダ・クラシック」で、ミズノのドライバーを使用したプロが優勝するなど、実りの年だったと言える。

ミズノはドライバー部門において待ち望んでいた認知と信頼性を確保した。この活躍が、ミズノの追い風となるだろう。

ST200シリーズがST190で達成したことを継続し発展させることができれば、きっと十分な成果となる。

ミズノと言えばアイアンのイメージが強いが、今後は新たな一面が注目されるかもしれない。

ST200は、ST190の後継モデルで、ミズノドライバーの中では改めて主力となるはずだ。注目すべきは改良点。果たして、この勢いに弾みをつけることができるのか…。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【2020年はミズノの年となるのか!?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。