2019アイアンランキング ~日本メーカーが制す~

17モデルの中級者向けアイアンを打ち比べた結果、選ばれたのは日本のメーカーだった。日本メーカーのその強さの秘密とは…。あなたは、このNO.1クラブを試打したことがあるだろうか?

2019中級者向けアイアンセットを制したのは、日本のメーカーであった。

これで、3年連続で日本メーカーが中級者向けMOSTWANTEDアイアン部門を制したのは快挙と言っても良いだろう。

なぜ日本メーカーが強いのか?たとえ外資メーカーと素材や造り方が同じでも、世界が認める日本の技術がそこにある。

今年、全米プロゴルフ選手権を連覇したブルックス・ケプカ(JPX 919 TOUR)や今年、LPGAで初優勝を遂げた原英莉花(Mizuno Pro 918)ともに日本メーカーミズノのアイアンセットを使用し優勝している。

日本メーカーのミズノは、アスリート向けのモデルが多く、難しいイメージを持っているゴルファーも多いだろう。しかし、シェアは多くないが、中級者向けアイアンを市場に送り出している。

今回第1位のモデルは、まだ日本発売になるかは定かではない。しかし発売になるとしたら、この打音・打感を一度は体験すべきだろう。

外資メーカーと日本メーカーのその技術の差が、明らかにわかるかも知れない。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

【1位の理由は打感?飛距離?やさしさ?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

■2019中級者向けアイアンランキング(USA)~日本メーカーが制す~

■2019上級者向け(飛距離系)アイアンランキング(USA)~日本メーカーが制す~

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。