2019年 フェアウェイウッド ランキング ~2代目も王者に輝く~

ウッド系は海外ブランドの独壇場…しかし、日本ブランドの輝く原石がここに!

飛び系フェアウェイウッドの人気があった数年前、誰もが一度は手にしたRBZやXHOT。

今もあなたのキャディーバックに入っているのではないだろうか?

革新的な進化は5~6年に一度やってくる。そう…あれから5年以上の歳月が経過している。

あなたはどれ位フェアウェイウッドに重点を置き、考慮しているだろうか?

フェアウェイウッドは、他のクラブに比べて長く所有する傾向がある。

これは自分に合うフェアウェイウッドを見つけることが非常に難しいからだろう。

フェアウェイウッドがスコアに直結するクラブだという認識は薄いが、実際はコースのあらゆる状況からスコアメイクが可能なクラブだ。

今では調整式ホーゼル、フラッシュフェースなど技術革新は進んでいる。

新しいフェアウェイウッドを手に取る時期が、やってきたのかもしれない。

(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【高い支持を受けたモデルとは?
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。