2019 MOST WANTED ブレードパター ~大番狂わせ~

我々は「あなたのようなスイング」をするゴルファーのデータを集めて、ランキングを決めている

今回の「大番狂わせ」にはビックリした。あのメーカーがランクインしていないのだから。

ランキングは記事を見てもらうとして、最近のパターで気になるのがグリップの変化だ。

スーパーストロークのような太いグリップを標準装備するパターが増えている。多くのプロが使用していることと、手首が固定されストロークが安定するからだと思うが、パットの感覚を重視する人は細めのピストル型グリップを好む。

ピストル型が好きだった私も、「入るなら」と最近スーパーストロークに変えてみた。結果は・・・正直、よくわからない。

もう一つ気になっているのが、MYGOLFSPYが提唱する「パターフィッティング」だ。

ゴルフはパットの精度が良くなれば、スコアが一気に良くなる。

私もパターフィッティングを受けたことがあるし、すべてのゴルファーが受けるべきだと思う。パターのストロークには、他の番手のスイングと同じように個人差がある。

一般的にはブレード型(ピン型)よりもマレット型のほうがやさしいと言われているが、ストロークタイプによってはピン型のほうが良い結果が出るゴルファーもいるからだ。

メーカーによっては、ライ角やロフト角も調整できる。そこまでフィッティングすれば、カップインする確率に目に見える変化が出てくるはずだ。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【「その他メーカー」の逆襲!
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。