2018 MOST WANTEDユーティリティーアイアン ~進化する調整機能~

最高のユーティリティーアイアンとは、飛距離、安定性、汎用性のバランスが良いアイアンだろう。

ユーティリティーアイアンが脚光を浴びたのは、2002年の全英オープンだった。

全英オープンといえば、強風が吹き荒れることで有名だ。アゲインストだと、トッププロでもドライバーで220ヤードくらいしか飛ばないこともあるくらいだ(フォローなら350ヤード以上飛んでしまうこともある)。

そんな状況の中、アーニー・エルスはティーショットでユーティリティーアイアンを多用し、全英オープンの覇者となった。その時彼が使っていたのが、フォーティーンのHI-858である。

HI-858は、中空構造でフェースが薄い。ロングアイアンよりも打ち出しが高く、中空構造でミスヒットに強かったため当時人気となり、品薄状態が続いた。その後各メーカーからユーティリティーアイアンが発売され、様々なモデルが誕生した。

これまでユーティリティーアイアンは、アイアンが得意な上級者が使うイメージが強かった。そのためか、ヘッド形状はシンプルでクセがなく、素材は軟鉄が使われることが多かった。しかし最近は、ステンレス素材も多く、ヘッド形状も凝ったものが増えた。ターゲットユーザーが増え、ニーズが多様化したことで、素材やヘッド形状に変化が出てきたのだ。

今回は2018年モデルのユーティリティーアイアンのNo.1を決めるテスト(MOST WANTED)の記事だ。飛距離、安定性が優れていることはもちろんだが、今回は「状況によって球筋を打ち分けられる汎用性」「調整機能」「打感」「打音」も論点になっている。

進化し続けるユーティリティーアイアンだが、2018年モデルの「MOST WANTED」と「あなたに合うモデル」はどれだろうか?
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【弾道調整可能なアイアンの時代!…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。