2018 MOST WANTED 初級者・シニア向けアイアン ~超幅広ソールでダフり知らず~

業界では年々ストロングロフト化が進んでいて、初級者・シニア向けアイアンはその傾向が最も強いカテゴリーだ。ストロングロフトは「飛距離の方程式」において、必要不可欠な要素なのだ。

平成の30年間で、ゴルフクラブは大きく変化した。

見た目だけで言えば、特にドライバーの変化が目立つ。ヘッド体積が1.5倍以上になり、見た目が大きいことでやさしさを感じるようになった。素材もパーシモンからメタル、そしてチタンへと変わっていった。

それに比べて、アイアンはどうだろうか。ヘッドの大きさもドライバーほどの変化はなく、素材もステンレスや軟鉄がほとんどで大きな変化はない。しかし、「やさしさ」はどうだろうか。ドライバー以上にアイアンのやさしさは進化しているように思える。

30年前はキャビティーバックのアイアンはなく、ほとんどがマッスルバック(ブレード)のアイアンだった。重いスチールシャフトが装着され、見た目も重さも難しいクラブだった。当時発売されたマグレガーやスポルディングの名器と言われるアイアンを、現在のアイアンと同じように振ったとしたら、とても打てる気がしない。

大きさはほとんどの変化はないものの、「見た目でやさしく見える設計」はこの30年で大きく進化している。現代のテクノロジーを駆使して造られたアイアンは、とにかくやさしい。

最新のやさしいアイアンはMOI(慣性モーメント)の値が高く、ミスヒット時の許容性能も明らかに優れている。ダフりにくいソール、トップしても球が上がりやすい低重心設計、そしてストロングロフト化による飛距離の伸長など、枚挙に暇がない。

ラウンドで使えるクラブは、言うまでもなく14本までだ。ティーショットをすべてドライバーで打ったとしても最大18回だが、アイアンはその2倍くらい頻度で使用するだろう。つまり、アイアンをやさしいモデルに変えるメリットは、ドライバーの2倍以上あることになる。

もしかすると、あなたは腕に自信があって、初級者・シニア向けアイアンなど眼中にないかもしれない。しかし今回の記事は、そんな人でも初級者・シニア向けアイアンは検討するに値する、という内容だ。

MYGOLFSPYの「MOST WANTED」テストでは、データだけがものを言う。データが語る真実を、腕に自信のあるあなたにも、ぜひ参考にしてもらいたい。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)


【ダフり無縁の「やさし過ぎる」アイアンとは?…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。