「ドライバーの重心位置」レポート ~2018年モデル比較~

メーカーには、各々の哲学や設計・製造能力がある。それは、自分に最適なクラブが見つかる可能性が増えるという意味で、とてもありがたい話なのだ。

一人でも多くのゴルファーにこの記事を読んで欲しい。ドライバー(をはじめとするすべてのクラブ)選びにおける重心位置の大切さがわかるからだ。

重心位置が深い、低いなどの形容詞をカタログや商品説明、動画などで目にするが、それだけでは自分に合うクラブを探すのは難しい。

そもそも、すべてのゴルファーをカバーできるクラブは存在しない。なぜなら、重心位置が決まることで対象となるゴルファーは絞られてしまうからだ。それを理解しているゴルファーが、どのくらいいるだろうか?前作が良かったから、新作も・・・といった安易な発想では、自分に合わないクラブを選びかねない。

長さやバランス、重さはスペックとして公表しているが、重心位置まで公表しているメーカーは少ない。重心位置を変えることでスピン量、打ち出し角、スイートスポットの広さが変わるのに、なぜその重要な情報を公表しないのだろうか(何か都合が悪いことがあるのかもしれない)。

今シーズン、ピンG400やキャロウェイROGUE、テーラーメイドM4は、やさしいクラブとして高い評価を得た。どれも重心位置がやさしい設定で、MOI(慣性モーメント)も高い。

今後ドライバーの性能の決め手になるのは、「重心位置」「初速」「シャフト」だろう。来シーズン、メーカーはこれらをどのように組み合わせて性能を追求するのだろうか。今から楽しみで仕方がない。
(MYGOLFSPY JAPAN編集部)

【ドライバーの重心位置の真実とは?…
オリジナル記事『MYGOLFSPY JAPAN』で読む】

『MYGOLFSPY』は2008年アメリカでローンチしたゴルフメディア(WEBサイト)。ゴルフ用品メーカーから一切広告費をもらわず、「ゴルファーがメーカーの誇大広告に惑わされないように、独自テストによるデータのみを信じ、公平中立な立場でゴルファーに真実のみを伝える」がポリシー。言うなれば、「ゴルフ業界辛口批評メディア」である。2017年秋、『MYGOLFSPY KOREA』 、『MYGOLFSPY JAPAN』 が続けてオープンし、早くもゴルファーの間で話題となっている。ここでは、『MYGOLFSPY JAPAN』の注目記事を毎週紹介していく。