トピックス
ピッチ&パット選手権2018開幕!!

ゴル天をご覧の皆さま、こんにちは!日本ピッチ&パット協会の金澤です。
段々と暖かい日が増え、やっと春を感じる今日この頃ですが、ピッチ&パット選手権もいよいよ開幕しました。今年は愛媛大会からの開幕ですが、神奈川、茨城、千葉、栃木と大会が続きます。兵庫、岡山、広島、静岡、福岡など候補地も増え、日程を調整中なのでお楽しみに!


さて、今回は先日、行われた『Pitch & Putt Match Play AKIRA Cup』のお話です。
我々協会としましても初めての試みとなるマッチプレーの大会運営にチャレンジしました。
春先のタフなコンディションでどうしてもスコアが悪くなってしまう中で楽しめる大会とは?と昨年の秋頃から考え初め、企画し、やっと開催まで漕ぎつけました。大会開催に当たっては、会場となります北谷津ゴルフガーデン様(千葉県千葉市)や特別協賛会社AKIRAプロダクツ様に色々とご協力を頂きました。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。



特にAKIRAプロダクツ様には素敵な優勝カップまで用意して頂きました。大会終了後も北谷津ゴルフガーデンに展示してありますので、機会がありましたらご覧になってください。来年はあなたの名前を刻めるかもしれませんよ!


大会は、予選ラウンドからかなり盛り上がりました。既に昨シーズンの成績で日本代表を決めた選手が、北谷津ゴルフガーデンのセッティングに対応出来ずに予選落ちをしたり、決勝トーナメントでは、去年のランキング上位選手達が準々決勝、準決勝で姿を消したりと予想を覆す展開になりました。1回戦で負けた選手を集めたリベンジマッチでは、地元のジュニアと地元社会人の対決。


本戦の決勝戦では、地元のジュニア先輩・後輩対決となり、予選落ちした選手やそれぞれの対戦で敗れた選手、地元の応援団や家族などが集まり、さながらプロのゴルフトーナメントのように盛り上がりました。決勝戦は激戦の末、後輩・鄭 優星くんが先輩・丁 志優くんを下し、初のチャンピオンになりました。リベンジマッチは、地元社会人の飯田知樹さんが大人の意地を見せてジュニアの金 勁旻くんを破りリベンジマッチ勝者の座を獲得しました。


この熱い戦いに感動し、恥ずかしながら目頭が熱くなってしまいました。初のチャンピオンに輝いた鄭くんはワールドカップJAPANの日本代表選手として活躍してもらおうと思います。


そして、この記事を読んでいる皆さんにも、今年、日本で開催されるワールドカップ(9/28〜30)への出場のチャンスがまだまだ残っています。詳しくは協会ホームページをご覧ください。
他のスポーツで日本代表選手になれるチャンスなんてなかなかありませんが、ピッチ&パットでは可能性は高いです!是非、チャレンジしてみてください。運営スタッフ一同、皆様のご参加をお待ちしています。




【前回までの記事】

ゴルフ場をマイホームコースに追加